はじめてのヒマラヤ登山2019 報告レポート⑮

はじめてのヒマラヤ登山2019
「アンナプルナサンクチュアリからヒマラヤのピークへ!」
2019年4月21日(日)〜5月6日(月)


CONTENTS-------------
Part①「旅立ち」
Part②「ネパール上陸」
Part③「荷物が来ないけどキャラバン始まっちゃった」
Part④「はじめてのことがいっぱい」
Part⑤「サンクチュアリを歩く」
Part⑥「標高3700mに届いた荷物」
Part⑦「涙のアンナプルナベースキャンプ」 
Part⑧「ABCにテント村ができた」
Part⑨「名もなきピークへ!」
Part⑩「山ヨガ in ヒマラヤ」
Part⑪「まだ夢の途中」
Part⑫「温泉とダンス」
Part⑬「ラストトレッキング」
Part⑭「ポカラの休日」

■Part⑮「ナマステ」(2019.5.5-6)


ポカラのホテルの朝食バイキング
これを食べたら
空港に向けて出発です




カトマンズーポカラ間は
行き陸路、帰り空路と
あえて移動手段を変えてみました




飛行機に預ける荷物を計測器にそっと乗せます
結構お土産買っちゃったから
オーバーしてないといいんだけど




荷物はクリアしたけど
予定の飛行機はなかなか来ません
国内線は天候次第で欠航も多いと聞いていたのですが
今日はただ遅れているだけみたい




かなり待って
やっと搭乗




私たちの荷物も積み込まれています
ロストバゲージにあってから
気になるのよね




国内線の機体はバスより小さい




立つと頭がぶつかってしまうので
CAさんもかがんでサービス




操縦席もすぐ目の前で
ほんとバスみたい



 
陸路で6時間かかった距離が
飛行機なら30分




あっという間にカトマンズ
で、真っ先に向かったのがここ




モモの店!
でも、ただの店ではありません




この方のお店
はい、チェパさんの奥様です




お疲れのチェパさんも奥様を手伝って
私たちのランチを手早く準備




プリップリのモモに



 
日本人好みの焼きそば
どれも、ほっぺが落ちる〜




お別れするとき
お二人から色鮮やかなスカーフをいただきました
これは「カタ」といって
ネパールで客人を送迎するときに贈るスカーフなんです




帰国のフライトが夜なので
その前にカトマンズ観光




最もエネルギッシュな町
タメルに繰り出しました



 
2015年の地震で
文化的建造物が崩壊したと聞いていましたが
ほぼ復興されていました




文化、宗教、観光




生活、喧騒




暴走タクシー




ああ、やっぱりここはネパールだ
しっかり目を開けていないと
圧倒的されてしまう




ふと、ヒマラヤとカトマンズのコントラストを思う
畏怖のヒマラヤと混沌のカトマンズ
一方は冷たく、一方は熱い




でも
簡単に押しつぶされそうになるパワーは
どちらも同じだ




駆け足でお土産屋に立ち寄り
ホテルに戻って最後の荷づくりを済ませた後
エージェントがセッティングしてくれた夕食会へ




会食にチェパさんも同席すると思っていたのに
結局、私たちだけでした
なんだか大きな忘れ物をした気分のまま
空港に来てしまった




でもどうしても最後の挨拶がしたくて
チェパさんに電話を入れました




ちゃんとナマステが言えました
これで心も体も日本に帰れそう




現地時間 5/5(日)21時すぎ
ネパール出国




このあと
思い出の地、香港を経由して
東京に戻ります




日付け変わって5/6(月)東京・羽田
全員無事に帰国しました

16日間一緒だった仲間ともここでお別れです
ここから先は
一人ひとりが自分の日常へ帰っていくことになります

しばらくは見慣れたはずの日本の風景が
新鮮に感じるかも
思う存分、ヒマラヤの余韻に浸り
あの山を思い、人を思うんだろうな

すべてがかけがえのない時間だった
そのすべてにナマステ


また絶対行くぞ〜!


END


Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.

はじめてのヒマラヤ登山2019 報告レポート⑭

はじめてのヒマラヤ登山2019
「アンナプルナサンクチュアリからヒマラヤのピークへ!」
2019年4月21日(日)〜5月6日(月)


CONTENTS-------------
Part①「旅立ち」
Part②「ネパール上陸」
Part③「荷物が来ないけどキャラバン始まっちゃった」
Part④「はじめてのことがいっぱい」
Part⑤「サンクチュアリを歩く」
Part⑥「標高3700mに届いた荷物」
Part⑦「涙のアンナプルナベースキャンプ」 
Part⑧「ABCにテント村ができた」
Part⑨「名もなきピークへ!」
Part⑩「山ヨガ in ヒマラヤ」
Part⑪「まだ夢の途中」
Part⑫「温泉とダンス」
Part⑬「ラストトレッキング」

■Part⑭「ポカラの休日」(2019.5.4)


とうとうキャラバンが終わってしまった
ほっとしたような
気が抜けてしまったような
そんな朝です




下山後の貴重な休日を
私たちはポカラで過ごすことにしました
喧騒のカトマンズに移動するより
リゾート地ポカラにいたほうが
ずっとゆったりできそうだったから




ポカラに来たら
どうしても行ってみたかった場所があります




サランコットの丘です
ご来光の時間帯に訪れるのがいいそうで
私たちも早起きしてやってきたのですが




いろいろあって
ビューポイントにたどりつく前に
日の出を迎えてしまいました




遅れてきたチェパさんと合流できたのは
すっかり日が昇った後




そんな残念なできごとも
今日はなんだか笑いとばせる
2週間近いネパール生活で
日本人の几帳面さが抜けてきたかしら




いえいえ
きっとこの絶景のおかげでしょう
ポカラの街から
こんなに素晴らしい景色が楽しめるなんて




どこから見てもひと目でわかる
マチャプチャレ
美しい山容は今日も変わりません




展望台でだいぶゆっくり時間を過ごしました
アンナプルナがもう見納めというのもあるけれど
内院で経験した思い出をこの景色に重ね合わせていると
時が経つのを忘れてしまうのです




思い出にひたるのは帰国後のお楽しみにとっといて
そろそろ下りることにします
行きはタクシーで来たのですが
帰りはハイキングコースを歩いて下ります




道案内は今日もチェパさん
登山が終わっても
帰国まではサーダーがサポートしてくれるようです




街まで下りてきました




そこからレイクサイドへ




休日とあって
観光客や出店がたくさん




繁華街にあるカレーレストランでランチを食べたら
夕方までは自由時間
お土産探しに奔走します!




夕食どきに再び集合して
ネパールの郷土料理とダンスを堪能




登山が目的の旅なので
こうして観光している時間がちょっと不思議
でも、みんなの顔がゆるんでいて楽しそう
いろいろあった旅だったから
ちゃんとクールダウンして帰ろうね

明日は
いよいよ帰国です



>>Part15へ続く




Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.

はじめてのヒマラヤ登山2019 報告レポート⑬

はじめてのヒマラヤ登山2019
「アンナプルナサンクチュアリからヒマラヤのピークへ!」
2019年4月21日(日)〜5月6日(月)


CONTENTS-------------
Part①「旅立ち」
Part②「ネパール上陸」
Part③「荷物が来ないけどキャラバン始まっちゃった」
Part④「はじめてのことがいっぱい」
Part⑤「サンクチュアリを歩く」
Part⑥「標高3700mに届いた荷物」
Part⑦「涙のアンナプルナベースキャンプ」 
Part⑧「ABCにテント村ができた」
Part⑨「名もなきピークへ!」
Part⑩「山ヨガ in ヒマラヤ」
Part⑪「まだ夢の途中」
Part⑫「ヒマラヤ温泉とダンス」

■Part⑬「ラストトレッキング」(2019.5.3)


ダンスの宴から一夜明け




いつものように準備して
いつものように集合して




いつものように出発
いつもと違うのは
トレッキングの最終日だってこと




登山口のシワイまでは
3時間弱で着いてしまいます
きっと、あっという間でしょう





だから私たちは
遠ざかるアンナプルナを
何度も振り返っては目に焼き付け




ヒマラヤの土のにおいを体にしみ込ませ
来た道を戻っていくのでした




終点まで残りわずかのところ
カウントダウンが始まりました




私たちが乗るバスが見えて
ホッとしたときには




そこがゴールでした
ラストの一歩は全員で!




最後まで一緒だったキャラバンスタッフと記念撮影




それから例のデコバスに乗りこみ
デコボコ道を帰っていきました



 
バスが無事ポカラに到着すると
ポーターさんたちともお別れです




私たちは今晩泊まるホテルに
砂まみれの荷物とともにチェックイン




ふかふかベッドでくつろぐ間もなく
本気のシャワータイムへ!
昨日の温泉は
ちゃんと洗えていませんからね




夜は中華レストランで
ガイド陣、コック長との打ち上げ




11日間、おつかれさまでした!
全員、ケガもなく無事下山できたことに感謝
そして、ガイドとキッチンスタッフのみなさん
ありがとうございました




昨日よりも肩の力が抜けたせいか
食べて飲んで
楽しい時間だったな




チェパさん以外のスタッフとは
この打ち上げをもってサヨナラです

次回のヒマラヤで会えることを願って
ダンネバード


>>Part14へ続く




Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.

はじめてのヒマラヤ登山2019 報告レポート⑫

はじめてのヒマラヤ登山2019
「アンナプルナサンクチュアリからヒマラヤのピークへ!」
2019年4月21日(日)〜5月6日(月)


CONTENTS-------------
Part①「旅立ち」
Part②「ネパール上陸」
Part③「荷物が来ないけどキャラバン始まっちゃった」
Part④「はじめてのことがいっぱい」
Part⑤「サンクチュアリを歩く」
Part⑥「標高3700mに届いた荷物」
Part⑦「涙のアンナプルナベースキャンプ」 
Part⑧「ABCにテント村ができた」
Part⑨「名もなきピークへ!」
Part⑩「山ヨガ in ヒマラヤ」
Part⑪「まだ夢の途中」

■Part⑫「ヒマラヤ温泉とダンス」(2019.5.2)


往路・復路ともお世話になった
シヌワのロッジ村




はじめてマチャプチャレを見た朝
雷鳴におびえた夜
思い出深いこの地とも
さよならです




のどかな農村を抜けて




チョムロンに戻ってきました
そうそう
ここでお土産を買うんだったよね




アンナプルナTシャツに




ショール、仏具、アクセサリー
かわいい雑貨がいっぱい

ポカラに下りたら
いくらでも同じものが買えると思っていたけど
ここでしか手に入らない
素朴な民芸品がたくさんありました
買っておいてよかった




もうひとつのミッションは
アップルパイを食べること
メンバー一同
行きから気になっていたのです




9人分注文したら
デリバリーしてくれました!




シナモンがきいた絶品アップルパイ
ボリュームも満点でしあわせ〜
復路は楽しみがいっぱいでうれしいな




ところで
今日も快晴でなによりなのですが
日差しが刺すように強いため
どうしてもキャディーさんスタイルになってしまいます




チョムロンでショールをゲットした2人は
上手な巻き方を
チェパ姉さんから教わりました




姉さんの女子力の高さは
メンバー全員がみとめています




帰りも動物たちとすれ違いながらのトレッキングです
突然大きな落とし物をするロバさんには
近づきすぎないように




無防備に近づいてくるヤギさんには
そのかわいい足を踏まないように注意して




水牛の赤ちゃんの行動は
予測不能
でも、動物たちとの距離感が
だいぶつかめてきたみたい




そうこうしているうちに
本日宿泊する
ジヌダンダのロッジに到着




行程的には、もっと先へ進むこともできたのですが
「オンセンに入りましょう」と
チェパさんが急遽ここに立ち寄ることを提案




ということで、
人生初のヒマラヤ温泉へ
繰り出すことになりました




10日ぶりにお風呂に入れるのはうれしいけど
私たち、水着を持ってきていません




でも、山の中の温泉なので
当然、混浴野天




ほらね、
こんな感じ




いるのはメンズばかりで
さらにビビってしまいましたが
ここは、やまとなでしこ9人の強み!




ずんずん進んで
奥の空いている湯船を陣取り




ドボ〜ン
水着の代わりにしたのは
ファイントラックのスキンメッシュとアクティブスキン
思わぬところで役立ちました


なんか落ち着かなかったけれど
久しぶりにお風呂につかれて
気持ちよかった(ホッ)




夜は
キャラバンスタッフとの打ち上げ!




私たちからは
チップと感謝の言葉を贈りました
登頂ができなかったのは残念だったけれど
荷物を運んでくれてありがとう
おいしいご飯をつくってくれてありがとう
楽しい旅の思い出をありがとう




その後は、中庭に出て宴
キャラバンスタッフもリラックスしているのがわかります




このあたりから
寡黙だったポーターさんが
次々と陽気なダンサーに変身していきます




太鼓、手拍子、レッサンフィリリの歌声
ドンドコドンの
ネパール式打ち上げ




ネパール人も躍る!
日本人も躍る!

山の中で過ごす最後の晩にふさわしく
にぎやかで、熱い時間が過ぎていきました



>>Part13へ続く


Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.

はじめてのヒマラヤ登山2019 報告レポート⑪

はじめてのヒマラヤ登山2019
「アンナプルナサンクチュアリからヒマラヤのピークへ!」
2019年4月21日(日)〜5月6日(月)


CONTENTS-------------
Part①「旅立ち」
Part②「ネパール上陸」
Part③「荷物が来ないけどキャラバン始まっちゃった」
Part④「はじめてのことがいっぱい」
Part⑤「サンクチュアリを歩く」
Part⑥「標高3700mに届いた荷物」
Part⑦「涙のアンナプルナベースキャンプ」
Part⑧「ABCにテント村ができた」
Part⑨「名もなきピークへ!」
Part⑩「山ヨガ in ヒマラヤ」

■Part⑪「まだ夢の途中」(2019.5.1)


テント生活の朝は
スタッフが運んでくれる
モーニングティーで始まります




このとき
お湯の入った洗面器をもらえるので
温かいお湯でパシャパシャ〜




お顔を整え
外に出てみると
昨日降った雪で一面真っ白




だから今朝は
朝日がいちだんとまぶしいんだね




日付けは5月1日
日本は平成から令和になりました




予定どおりなら
5月1日はテントピークへアタックする日でした
雪が積もった山頂付近を見上げて
「この雪では行けなかったかもね」
と言い聞かせてみるのでした




感傷的になるのは
雪のせいばかりではありません
今日から下山が始まるのです




スタッフは早くも撤収を開始
あれ〜
食堂テントがたたまれてる




ってことは
こういうことです




最初は落ち着かなかったけれど
オープンエアも気持ちいい




コック長クリシュナの手料理も
これが最後




朝食が済んだら
私たちも荷づくり




まもなく
竜宮城ともお別れです
なんか、あっという間だったな〜




夢のような3日間を過ごし
来た道を帰っていきます





ABCからMBC、そしてさらに先へ
3日かけて登ってきた道を
今日1日で下ります




夢うつつ
体は現実へ戻っていくのに
心はまだ夢の中




そのちぐはぐな感覚を味わいながら
足を進めるのでした




行程の長さに加え、にわか雨があったり
休憩地に立ち寄れなかったりと
小さなアクシデントはありましたが




最後はキレイに晴れて
まるでこの旅を象徴するような1日でした




今日宿泊するシヌワのロッジに着いて
ドリンクをオーダーするメンバー
1日の中でいちばんほっとする時間です

もう家族のような存在のこの仲間と
最後まで元気に旅ができますように

明日もヨロシクね



>>Part12へ続く



Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.