雪山2days 「戸隠高原と飯綱山登頂」

雪山2days 「戸隠高原と飯綱山登頂」

TRACEがこの冬オススメする、旅系雪山です!
ふかふかの雪を満喫しましょう。
1日目は戸隠高原をスノーシューやワカンを使用してスノーハイキング。
神社と池巡りコースを歩きます。
戸隠エリアは雪が多いのでパワフルハイキングになる予感。
もちろん、戸隠そばの名店にも立ち寄ります。
2日目はワカンとアイゼンのセットで飯綱山を目指します。
急勾配をしっかり登る南登山道から歩きますよ。
飯綱山から見える、360度の大展望に乞うご期待!
温泉、グルメ、雪山登山、雪遊び、どれも楽しみたい方におすすめです。

【日程】2018年2月24日(土)-25日(日)
【場所】戸隠高原 飯綱山
【集合】 09:30 長野駅
【解散】 17:00 長野駅
【定員】6名
【レベル】体力★★〜 技術★★〜
     *経験、装備不足によりご参加いただけないことがあります

【行程】
1日目:長野駅(車両移動)戸隠中社(戸隠そばの昼食)ー奥社駐車場(スノーハイキング準備)
    ー隋神門ー鏡池ー奥院駐車場(車両移動)宿へ[歩行時間:3〜4時間]
2日目:宿(車両移動)一ノ鳥居ー駒つなぎの場ー飯綱山山頂
    ー往路下山(車両移動)長野駅[歩行時間:6時間以上]
*歩行時間は天候や積雪量によって大幅に変わります

【宿泊】アゼィリア飯綱 1泊2食付き10,000円程度

【山岳保険】雪山対応の保険に各自加入必須(未加入者はご相談ください)

【ガイド料】28,000円
*宿泊費、昼食代、交通費は各自ご負担

【服装・装備】
・厳冬期用登山靴
・アイゼン(10本爪以上)
・ワカン又はスノーシュー
・ピッケル(肩掛け式ピッケルバンド付)
*持っている方のみ
・ヒップそり*持っている方のみ
・バックパック(すべての装備が入る容量)
・トレッキングポール2本(スノーバスケット付)
・アンダーウエア(必ず登山用のアンダーウエア上下を着用。メリノウールや化繊がおすすめ)
・ミッドウエア(フリースなど)
・雪山登山用のアウター上下(もしくはゴアテックスなどの登山用の雨具上下 *雨具は保温性がないので注意)
・防寒着(ダウンなど)
・防寒小物(耳が隠れるニット帽、ネックウォーマーやバラクラバなど)
・手袋(手袋は重ねて着用。サイズが小さいと血流が悪くなるので注意)
    インナー:インナー手袋2組以上
    ミッド:厚手のウール手袋
    アウター:防水素材のオーバー手袋
・スパッツ(ゲーター、雪の侵入を防ぎます)
・昼食/行動食(2日目用)
・飲料水
・保温水筒(温かい飲み物を入れて)
・ヘッドランプ
・サングラスもしくはゴーグル(雪目予防に)
・カイロ
・着替え(若干数)、洗面具

*時間があれば下山後温泉に立ち寄ります
*不要な荷物は車両に置いていけます
*寒い日はマイナス20度まで下がることもありますので、防寒対策はしっかりと
*着脱によって体温調整できるようにウエアリングの工夫を
*装備について不明な点はお気軽におたずねください
 とくに、新規に装備を購入される方、TRACEの雪山に初めてご参加の方はご相談ください
*装備のレンタルは若干数ありますので、お問い合わせください


【申し込み方法】
申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】
TRACE info@traceweb.jp


Copyright © 2018 TRACE All Rights Reserved.


雪山3days 「北八ヶ岳東面ぐるり雪三昧」

雪山3days 「北八ヶ岳東面ぐるり雪山三昧」

2月の3連休は、静かな北八ヶ岳東面で雪山三昧しませんか?
初日は稲子湯から入山。しらびそ小屋を目指します。
翌日は雪深い急斜面を登り中山展望台へ。その名の通りの大展望です。
高見石から全面氷結した白駒池へ下り、青苔荘で一泊。
最終日は、白駒池の上を歩いて「にゅう」へ登り返し、
シャクナゲ尾根を下山します。
人が少なくとても静かなエリアです。変化に富んだ地形を楽しみましょう!
その分、雪が多いと一苦労です。
ラッセルすることもありますので体力アップしてご参加ください。

【日程】2018年2月10日(土)-12日(祝)
【場所】北八ヶ岳
【集合】 11:00  JR小海線 海尻駅
【解散】 16:00 JR小海線 海尻駅 
【レベル】体力★★〜 技術★★〜
*経験、装備不足によりご参加いただけないことがあります
【定員】4名

【行程】
1日目:海尻駅(車両)ー稲子湯ーこまどり沢ーしらびそ小屋[歩行時間:3時間]
2日目:しらびそ小屋ー中山峠ー中山展望台ー高見石ー青苔荘[歩行時間:5時間]
3日目:青苔荘ー白駒池ーにゅうーシャクナゲ尾根ー稲子湯(車両)海尻駅[歩行時間:5時間]
*歩行時間は天候や積雪量によって大幅に変わります

【宿泊】しらびそ小屋 1泊2食・8,800円(+暖房費800円)
    青苔荘 1泊2食・9,000円
【山岳保険】雪山対応の保険に各自加入必須(未加入者はご相談ください)

【ガイド料】39,000円
*宿泊費、昼食代、交通費は各自ご負担

【服装・装備】
・アイゼン(10本爪以上)
・ピッケル(肩掛け式ピッケルバンド付)

・厳冬期用登山靴
・わかん(積雪量により)
・バックパック(すべての装備が入る容量)
・トレッキングポール2本(スノーバスケット付)
・アンダーウエア(必ず登山用のアンダーウエア上下を着用。メリノウールや化繊がおすすめ)
・ミッドウエア(フリースなど)
・雪山登山用のアウター上下(もしくはゴアテックスなどの登山用の雨具上下 *雨具は保温性がないので注意)
・防寒着(ダウンなど)
・防寒小物(耳が隠れるニット帽、ネックウォーマーやバラクラバなど)
・手袋(手袋は重ねて着用。サイズが小さいと血流が悪くなるので注意)
    インナー:インナー手袋2組以上
    ミッド:厚手のウール手袋
    アウター:防水素材のオーバー手袋
・スパッツ(ゲーター、雪の侵入を防ぎます)
・ハーネス
・安全環付きカラビナ2枚
・昼食/行動食(凍らないもの)
・飲料水
・保温水筒(温かい飲み物を入れて)
・ヘッドランプ
・サングラスもしくはゴーグル(雪目予防に)
・カイロ
・着替え(若干数)、洗面具

*時間があれば下山後温泉に立ち寄ります
*不要な荷物は車両に置いていけます
*寒い日はマイナス20度まで下がることもありますので、防寒対策はしっかりと
*着脱によって体温調整できるようにウエアリングの工夫を
*服装はこちら を参考にしてください
*装備について不明な点はお気軽におたずねください
 とくに、新規に装備を購入される方、TRACEの雪山に初めてご参加の方はご相談ください
*装備のレンタルは若干数ありますので、お問い合わせください


【申し込み方法】
申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】
TRACE info@traceweb.jp


Copyright © 2017 TRACE All Rights Reserved.

雪山2days「夏沢鉱泉から行く硫黄岳と根石岳」

雪山2days 「夏沢鉱泉から行く硫黄岳と根石岳」

今年の夏沢鉱泉泊は、根石岳と硫黄岳の両方に登頂する欲張りプランです。
雪上車で送迎がありますので、アプローチは楽々です。
冬なのに入浴できる快適な山小屋です。

【日程】2017年1月27日(土)-28日(日)
【場所】北八ヶ岳
【集合】 9:10  JR茅野駅
【解散】 16:00 JR茅野駅 
【レベル】体力★★〜 技術★★〜
*経験、装備不足によりご参加いただけないことがあります
【定員】3名

【行程】
1日目:茅野駅(車両)ー夏沢鉱泉ー箕冠山ー根石岳ー夏沢峠ー夏沢鉱泉[歩行時間:4時間]
2日目:夏沢鉱泉ー夏沢峠ー硫黄岳ー赤岩の頭ー夏沢鉱泉[歩行時間:7時間]

【宿泊】夏沢鉱泉 1泊2食・雪上車送迎付 12,000円

【山岳保険】雪山対応の保険に各自加入必須(未加入者はご相談ください)

【ガイド料】35,000円
*宿泊費、昼食代、交通費は各自ご負担

【服装・装備】
・アイゼン(10本爪以上)
・ピッケル(肩掛け式ピッケルバンド付)

・厳冬期用登山靴
・バックパック(すべての装備が入る容量)
・トレッキングポール2本(スノーバスケット付)
・アンダーウエア(必ず登山用のアンダーウエア上下を着用。メリノウールや化繊がおすすめ)
・ミッドウエア(フリースなど)
・雪山登山用のアウター上下(もしくはゴアテックスなどの登山用の雨具上下 *雨具は保温性がないので注意)
・防寒着(ダウンなど)
・防寒小物(耳が隠れるニット帽、ネックウォーマーやバラクラバなど)
・手袋(手袋は重ねて着用。サイズが小さいと血流が悪くなるので注意)
    インナー:インナー手袋2組以上
    ミッド:厚手のウール手袋
    アウター:防水素材のオーバー手袋
・スパッツ(ゲーター、雪の侵入を防ぎます)
・ハーネス
・安全環付きカラビナ2枚
・昼食/行動食(凍らないもの)
・飲料水
・保温水筒(温かい飲み物を入れて)
・ヘッドランプ
・サングラスもしくはゴーグル(雪目予防に)
・カイロ
・着替え(若干数)、洗面具
*寒い日はマイナス20度まで下がることもありますので、防寒対策はしっかりと
*着脱によって体温調整できるようにウエアリングの工夫を
*装備について不明な点はお気軽におたずねください
 とくに、新規に装備を購入される方、TRACEの雪山に初めてご参加の方はご相談ください
*装備のレンタルは若干数ありますので、お問い合わせください


【申し込み方法】
申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】
TRACE info@traceweb.jp


Copyright © 2017 TRACE All Rights Reserved.

雪山2days 「赤岳鉱泉から行く硫黄岳」

雪山2days 「赤岳鉱泉から行く硫黄岳」

この冬は、本格的な雪山にチャレンジしましょう!
厳冬期用の雪山装備が必要です。
1日目はアイゼン&ピッケルワークを講習。
2日目に硫黄岳の頂上を目指します。
通年営業の赤岳鉱泉に泊まり、夕食をしっかり食べて登頂に備えましょう。

【日程】2018年1月13日(土)-14日(日)
【場所】八ヶ岳・硫黄岳
【集合】 10:00 JR茅野駅
【解散】 17:00 JR茅野駅 
【レベル】体力★★〜 技術★★〜
*経験、装備不足によりご参加いただけないことがあります
【定員】3名

【行程】
1日目:茅野駅(車両)美濃戸ー北沢ー赤岳鉱泉ー周辺で雪上講習[歩行時間:3時間]
2日目:赤岳鉱泉ー硫黄岳登頂ー赤岳鉱泉ー同ルート下山[歩行時間:7時間]

【宿泊】赤岳鉱泉 1泊2食付 9,000円(グループ個室希望の際は別途料金)

【山岳保険】雪山対応の保険に各自加入必須(未加入者はご相談ください)

【ガイド料】35,000円
*宿泊費、昼食代、交通費は各自ご負担

【服装・装備】
・アイゼン(10本爪以上)
・ピッケル(肩掛け式ピッケルバンド付)

・厳冬期用登山靴
・バックパック(すべての装備が入る容量)
・トレッキングポール2本(スノーバスケット付)
・アンダーウエア(必ず登山用のアンダーウエア上下を着用。メリノウールや化繊がおすすめ)
・ミッドウエア(フリースなど)
・雪山登山用のアウター上下(もしくはゴアテックスなどの登山用の雨具上下 *雨具は保温性がないので注意)
・防寒着(ダウンなど)
・防寒小物(耳が隠れるニット帽、ネックウォーマーやバラクラバなど)
・手袋(手袋は重ねて着用。サイズが小さいと血流が悪くなるので注意)
    インナー:インナー手袋2組以上
    ミッド:厚手のウール手袋
    アウター:防水素材のオーバー手袋
・スパッツ(ゲーター、雪の侵入を防ぎます)
・ハーネス
・安全環付きカラビナ2枚
・昼食/行動食(凍らないもの)
・飲料水
・保温水筒(温かい飲み物を入れて)
・ヘッドランプ
・サングラスもしくはゴーグル(雪目予防に)
・カイロ
・着替え(若干数)、洗面具
*寒い日はマイナス20度まで下がることもありますので、防寒対策はしっかりと
*着脱によって体温調整できるようにウエアリングの工夫を
*装備について不明な点はお気軽におたずねください
 とくに、新規に装備を購入される方、TRACEの雪山に初めてご参加の方はご相談ください
*装備のレンタルは若干数ありますので、お問い合わせください


【申し込み方法】
申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】
TRACE info@traceweb.jp


Copyright © 2017 TRACE All Rights Reserved.