ボッカーズ 鍋割山 2015.12.12 レポート

新企画「ボッカーズ」が始動しました
「歩荷力」を鍛えると同時に
山のためになるボランティアも兼ねたプログラムです



第1回目は
丹沢・鍋割山で開催




ここは、言わずと知れた
歩荷ボランティアの山です




大倉登山口から歩くこと1時間半
歩荷する水が置かれたポイントに到着しました




今日はこの水を背負ってトレーニングをします




それぞれ背負える分の水をだけを
ザックに詰めこみ



 
背負った荷物が何キロになったか
体重計で計測




すると
9人の合計は103キロ
うち荷上げする水の量は42リットルにもなりました




さあ、歩荷トレーニングの開始です
登山道も、なだらかな道から一転
傾斜がきつくなりました




一人約10キロの荷物を背負い
えっちらおっちら
山頂まで約2時間の歩荷トレーニングが続きます




しばらくして
重さがじわじわ肩に伝わってくるようになりました
ちょっと背負いすぎたかな…




重い荷物をかつぐ体力は
スピーディーに山を登れる体力と別ものだということを
実感する登りです




疲労がピークに達した頃
左手に富士山が見えてきました
山頂まであとひと登り
頑張ろう




やっと着きました



 
着くやいなや
ご褒美の鍋焼きうどんを注文しに小屋へ




うどんができあがるまでの間に
荷上げした水をタンクに注ぎます




これが鍋焼きうどんのスープになるのですね




それほど待たずに
鍋焼きうどんができあがりました




荷上げの後の「鍋焼きうどん」の味は
格別です




富士山も
「よく頑張った」と言ってくれてるみたい




荷物のない下りの
なんと身軽なこと
達成感に浸り、心も軽やかです




テント泊縦走や雪山に対応できる
強靱な体力はつけるために
この続きは、次回のボッカーズで!


*次回は、2月27日(土)開催の予定です



Copyright © 2016 TRACE All Rights Reserved. 
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください