岩場鎖場入門「鹿沼岩山」

岩場鎖場入門「鹿沼岩山」

次から次へと現れる、岩場、鎖場を安全に越えていきます。
スリルがあり、変化に富んだコースです。
少人数で講習を交えながら進むので、岩場歩きが苦手な方にもおすすめです。
夏のアルプスに向けて練習を積んでいきましょう!

【日程】2019年2月12日(火)
【場所】栃木県・鹿沼岩山
【集合】09:05 東武線 新鹿沼駅
【解散】15:30 東武線 新鹿沼駅
        JR鹿沼駅からもアクセス可能です。お問合せください
レベル】体力★〜 技術★〜
【行程】日吉神社〜A峰〜C峰〜二番岩〜一番岩〜下山道〜バス停(歩行時間:4時間)
【アクセスについて】集合駅から、登山口までバスで移動します(乗車時間5分程度)
【ガイド代】12,000円  *交通費、食事代、保険料別
【山岳保険】岩場対応の山岳保険の加入必須。未加入者はご相談ください。

【装備・服装】
・トレッキングシューズ/アプローチシューズ
・防寒具(コンパクトになるダウンやフリース)
・雨具上下(ゴアテックスなどの登山用)
・昼食/行動食(おにぎりやパンなど)登山口においしいパン屋さんがあります
・飲料水1リットル程度
・ヘッドランプ
・サングラス
・手のひらが皮のグローブ
・安全環付きカラビナ2枚(レンタル有り)
・120cmスリング2本(レンタル有り)
・ハーネス(レンタル有り)
・ヘルメット(レンタル有り)
*レンタル希望者は申し込み時にご予約ください

【申し込み方法】申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】 TRACE info@traceweb.jp

Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.

2月の山ジムLight②「丹沢・仏果山」

大きな段差を一定ペースで登ろう!
「仏果山」筋持久力アップコース


2月の山ジムLightは、引き続き大きな段差のあるコースです。
じわじわとなら山を登っていける人でも
大きな段差となると途端に脚が前に出ない、ということがよくあります。
夏の岩稜帯登山を目指している人は、
この時期から、段差に負けない筋持久力をつけていきましょう。
チェーンスパイクまたは6本爪の軽アイゼンをご持参ください。

【日程】2019年2月14日(木)
【場所】仏果山(東丹沢)
【集合】 8:00 小田急線「本厚木駅」東口改札付近
     *体組成の測定後、1番バス乗り場 8:20発「半原行き」に乗車します
     *小田急線「宮ヶ瀬ダムハイキングパス」がお得です
【解散】16:00頃 小田急線「本厚木駅」
【予定コース】半僧坊バス停ー経ヶ岳ー半原越ー仏果山ー仏果山登山口バス停[歩行時間:4時間30分]
*体づくりを目的としたプログラムのため、開始前に体組成測定があります
*当日の状況により、コースの変更や解散時間が遅れる場合があります
*山ジム中は、5〜10分の短い休憩を数回とりますが、昼食の大休憩はとりません
 行動食や昼食は、短い休憩で摂取できるものをお持ちください

【装備】
・チェーンスパイクまたは6本爪軽アイゼン
・バックパック(ザックカバー付)
・トレッキングシューズ(アプローチシューズ、トレランシューズ可)
・レインウエア上下(防水透湿性素材の登山用)
・防寒着(ダウン、フリース、手袋、ニット帽、ネックウォーマーなど)
・トレッキングポール
・ヘッドライト
・飲料水
・昼食/行動食(おにぎりやパン、ゼリー飲料など短い休憩で摂取できるもの)
・心拍計(レンタルをご用意します)
*化繊とメリノウールのウエアを組み合わせると静電気で心拍計が作動しにくい場合があります
できるだけ、化繊同士など同素材の組み合わせでお越しください

【参加料】9,200円(1年以内の山ジム参加者は1,000円オフ)
     *交通費、食事代、保険代は各自ご負担

【山岳保険】各自加入必須(未加入者はご相談ください)


【申し込み方法】 申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】 TRACE info@traceweb.jp

【山ジムとは】 詳しくはこちらCopyright ©  TRACE All Rights Reserved.

岩場鎖場「古賀志山」 2019.1.29 レポート

2019年1月29日(火)


夏の岩稜帯登山に向けて
今年初の岩場鎖場トレーニングが行われました
場所は栃木県古賀志山




さっそく装備をつけて岩場へ




カラビナの掛け替えをしながら
足場の悪い
急登を登っていき




斜度のある岩場にも挑戦
ロープで安全確保されているとはいえ
正確な足の置き方が求められます




「もっと岩登りを練習しておけばよかった」
という声も出ていましたが
みなさんうまく通過できました




もちろん、さらに岩登り・岩場鎖場の練習を重ねれば
今回のような手強い岩場も
余裕をもって通過できるようになります
夏までにスキルアップしていきましょう!



Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.

1月の山ジム 2019.1.27 レポート

2019年1月27日(日)


本日も冬晴れです
いつものようにゾーン下限+10までの心拍で
体をあたためながら山ジムスタート




2019年はTRACEにとって「ヒマラヤイヤー」
今日はそのヒマラヤ参加メンバーも
顔を揃えています




冬の定番となった東丹沢
本日は破線ルートから経ヶ岳を目指すことにします




高取山までのザレた急登
下半身の筋持久力アップにはもってこい




登り切ると
大山の絶景が飛び込んできました





ザレの急登をさらに進んで
華厳山へ




華厳山を過ぎると
比較的歩きやすくなりました
まだ序盤とは思えないほど
体力的にはかなりきています




経ヶ岳で一般登山道に合流し
半原越まで下ったら
仏果山まで、再び長い登りが始まります




段差の大きなこのコース
ここまでの筋疲労も加わり脚への負担が半端ない
でも、裏を返せば
最適なトレーニングコースということなのです




宮ヶ瀬ダムをのぞむ地点までくれば




最後のピーク「仏果山」です

今日は結局
インターバルも下山後のタバタもしませんでした
なのに! 体への負荷はいつもの山ジムと同等
つまり、それだけ高負荷なコースだったのです
このトレーニングが毎週できれば
相当、体力上がります
なので、また山ジムで来たいと思います!


【トレーニングDATA】
コース:東谷戸バス停ー高取山ー華厳山ー経ヶ岳ー半原越ー仏果山ー仏果山登山口バス停
性別:女性
有酸素ゾーン(目標心拍ゾーン):116-151
最大心拍数:160
平均心拍数:119
トレーニング時間:6時間40分32秒
time in zone(ゾーン内): 3時間11分41秒
above(ゾーン以上):6分33秒
below(ゾーン以下):3時間22分18
消費エネルギー:2,415kcal
*数字は休憩時間を含む


Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.

TRACEワークショップ「すべら〜ず①」 2019.1.26 レポート

2019年1月26日(土)

すべらない歩き方を学ぶ
ワークショップ「すべら〜ず」
今回は4回シリーズで開催しています


第1回目は「基本のアライメント」
アライメントとは骨や関節の並びのこと
つまり、すべらないための基本姿勢を習得するのが今回の目的




基本姿勢のポイントはいくつかあります
膝とつま先の向きを揃えることも
そのひとつ




足裏にしっかり体重をのせるためには
アライメントがとても重要なのです




傾斜に対して
どのような姿勢で歩くのか
重力に合わせた姿勢をドリルを通して学んでいきます




意外と難しいのがトラバース
山側の足と谷側の足
それぞれの向き、荷重のしかたがポイントです




基本のアライメントを学んだ後は
山に出て実践です




足裏にしっかり体重を
のせられているでしょうか




場所を変えて再びドリル
その後、一人一人の歩行姿勢を動画撮影




そこから見えてきた各自の課題をもって
再び山へ


 
アライメントの修正はどこまでできたでしょうか
最後に、長い下り道で歩行姿勢を撮影し
ガイドから改善された点と今後の課題をフィードバック

「すべる歩きは、膝がねじれていたり
足裏に体重がのっていなかったり
本来は『イヤな感じ』がするもの。
その『イヤな感じ』に気づけるかがまず大事」
と武田ガイド

わずか1日で完全に克服するのは難しいですが
これまでの歩き方のくせや弱点に気づけるだけでも一歩前進です
このワークショップを通して
痛くない・怖くない姿勢と動作を徹底的に習得していきましょう


次回(2回目)のテーマは「ザレ場集中」
ザレ場は怖い! 苦手!
思っている方はぜひご参加ください

Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.