岩場鎖場1day(入門)四ッ又山、鹿岳

岩場鎖場1day(入門)四ッ又山、鹿岳

岩場鎖場の入門編です。
道具の使い方をはじめ、岩場歩きの初歩的な講習と実践を少人数制で行います。
4つのピークの四ッ又山と2つの岩峰の鹿岳に登ります。
紅葉と大展望も見どころ!
来夏に向けて、岩場鎖場のトレーニングを定期的に行いたい方にもおすすめです。

【日程】2018年10月20 日(土)
【場所】群馬県・西上州:四ッ又山、鹿岳(かなだけ)
【集合】9:30 上信電鉄・下仁田駅
【解散】17:00頃 上信電鉄・下仁田駅
【ガイド代】12,000円  *交通費、食事代、保険料別
【山岳保険】各自加入必須(未加入者はご相談ください)
【定員】5名
【レベル】体力★★ 技術★★レベルの見方はこちら
【行程】集合後、車両にて登山口へ
 大久保(登山口)ー天狗峠ー四ッ又山ーマメガタ峠ー一ノ岳ー鹿岳ー鹿岳登山口ー大久保へ下山[歩行時間:5〜6時間]

【装備】
・アプローチシューズまたは、トレッキングシューズ
・雨具上下(ゴアテックスなどの登山用)
・昼食/行動食
・飲料水
・ヘッドランプ
・防寒着
・手のひらが皮のグローブ(新規購入される方はご相談ください)
・安全環付きカラビナ2枚(レンタル有り)
・120cmスリング1本(レンタル有り)
・ハーネス(レンタル有り)
・ヘルメット(レンタル有り)
・着替え一式
*装備に不安のある方は、お気軽にご相談ください
 当日の装備に不備がある場合、登山をお断りする場合があります
*装備を新規購入される場合は、事前にご相談ください
*若干数ですが、レンタルをご用意しています(レンタル料500円〜1000円)
 レンタル用のハーネスはウエスト実寸85cmまで対応


【申し込み方法】申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】 TRACE info@traceweb.jp


Copyright © 2018 TRACE All Rights Reserved.



岩場鎖場1day「紅葉の裏妙義縦走」

岩場鎖場1day「紅葉の裏妙義縦走」

紅葉の良い時期を迎えた、裏妙義の岩場鎖場を歩きましょう。
経験者向け、変化に富んだロングコースです。
ルートは状況を見ながら変更します。

【日程】①2018年10月31日(水)
    ②2018年11月10日(土)
【場所】群馬県・西上州「裏妙義」
【集合】 9:20   JR横川駅
【解散】17:00頃 JR横川駅
レベル】体力★★★ 技術★★★〜
【定員】4名
【ガイド代】13,000円 *交通費、食事代、保険料別
           *現地車両代1,000円程度
【行程】集合後、車両にて登山口へ
    国民宿舎跡ー木戸ー丁須の頭下部(丁須の頭には登りません)
    ー烏帽子岩ー三方境ー国民宿舎跡
(状況によりコースを変更します)
【歩行時間】6時間

【アクセスについて】集合駅から、登山口まで車両移動
【持参するもの】
・アプローチシューズ
・雨具上下(ゴアテックスなどの登山用)
・昼食/行動食
・飲料水
・ヘッドランプ
・防寒着
・手のひらが皮のグローブ
・安全環付きカラビナ2枚(レンタル有り)
・120cmスリング1本(レンタル有り)
・ハーネス(レンタル有り)
・ヘルメット(レンタル有り)
・着替え一式

*装備に不安のある方は、お気軽にご相談ください。
*下山後、時間があれば温泉に立ち寄ります。
*登山に不要な荷物は車両に置いていけます。

【申し込み方法】申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】 TRACE info@traceweb.jp

10月の山ジムLight

高水三山アップダウン燃焼コース

食欲の秋。スポーツの秋。
山ジムで、燃やして燃やして、動ける身体へ!
9月の山ジムライトが台風で中止になってしまったので、
10月の山ジムライトは高水三山へリベンジです。
緩急をつけながら三山(惣岳山・岩茸石山・高水山)を縦走し、
効率よく体力アップを目指します。

【日程】2018年10月28日(日)
【場所】奥多摩
【集合】 9:00 JR「御嶽駅」
【解散】15:00頃 JR「軍畑駅」
【定員】8〜10名
レベル】体力★〜 技術★〜
【予定コース】御嶽駅ー惣岳山ー岩茸石山ー高水山ー軍畑駅[歩行時間:4時間30分]
*体づくりを目的としたプログラムのため、開始前に体組成測定があります
*当日の状況により、コースの変更や解散時間が遅れる場合があります
*山ジム中は、5〜10分の短い休憩を数回とりますが、昼食の大休憩はとりません
 行動食や昼食は、短い休憩で摂取できるものをお持ちください

【参加料】9,200円(1年以内の山ジム参加者は1,000円オフ)
     *交通費、食事代、保険代は各自ご負担

【山岳保険】各自加入必須(未加入者はご相談ください)

【装備】
・バックパック(ザックカバー付)
・トレッキングシューズ(アプローチシューズ、トレランシューズ可)
・レインウエア上下(防水透湿性素材の登山用)
・防寒着
・ヘッドライト
・トレッキングポール
・飲料水(スポーツドリンク類を1.5リットル程度)
・昼食/行動食(おにぎりやパン、ゼリー飲料など短い休憩で摂取できるもの)
・サングラス、帽子、日焼け止め
・手ぬぐいやタオルなど
・着替え(お帰り用に)
・心拍計(レンタルをご用意します)

【申し込み方法】 申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】 TRACE info@traceweb.jp

【山ジムとは】 詳しくはこちら


Copyright © 2018 TRACE All Rights Reserved.




岩場鎖場1day(入門)般若山、釜の沢五峰

岩場鎖場1day(入門)般若山、釜の沢五峰

岩場鎖場の入門編です。
道具の使い方をはじめ
岩場歩きの初歩的な講習と実践を少人数制で行います。
紅葉と大展望も見所!
来年の夏に向けて、岩場鎖場のトレーニングを定期的に行いたい方にも
オススメです。

【日程】2018年11 月25 日(日)
【場所】埼玉県・般若山、釜ノ沢五峰
【集合】09:00  西武線秩父駅 
【解散】17:00頃 西武線秩父駅
【ガイド代】12,000円  *交通費、食事代、保険料別
【定員】5名
【レベル】体力★★ 技術★★レベルの見方はこちら
【行程】集合後車両にて登山口へ
    札所三十二番バス停ー第1鉄塔ー釜ノ沢二峰ー布沢峠ー中ノ沢ノ頭ー兎岩登山口ー落合橋バス停
【歩行時間】5〜6時間
【アクセスについて】集合駅から、登山口まで車両移動

【装備】
・アプローチシューズまたは、トレッキングシューズ
・雨具上下(ゴアテックスなどの登山用)
・昼食/行動食
・飲料水
・ヘッドランプ
・防寒着
・手のひらが皮のグローブ
・安全環付きカラビナ2枚(レンタル有り)
・120cmスリング1本(レンタル有り)
・ハーネス(レンタル有り)
・ヘルメット(レンタル有り)
・着替え一式

*装備に不安のある方は、お気軽にご相談ください。
*若干数ですが、レンタルをご用意しています。
*登山に不要な荷物は車両に置いていけます。

【申し込み方法】申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】 TRACE info@traceweb.jp

雪の山小屋で忘年会!TRACEラストツアー

雪の山小屋で忘年会!TRACEラストツアー



今年の忘年会は、雪の山小屋で過ごしましょう!
今シーズン初の雪山となりますので、雪山の装備チェックや足慣らしにも最適です。
入笠山はロープウェイでアクセスができますが、
TRACEですから、麓から歩いて登ろうと思います。
しっかり歩いた後は、雪のマナスル山荘で楽しいひと時を過ごしましょう!
入笠山の頂上からは、 百名山が22座も見える大展望が広がります。
今年歩いた山はいくつ見えるでしょうか。
来年歩く山は見えるでしょうか。
恒例の?!楽しいイベントも考えています♪


【日程】2017年12月29日(金)-30日(土)
【場所】入笠山
【集合】10:00 JRすずらんの里駅
【解散】15:30 JRすずらんの里駅
【レベル】体力★〜 技術★〜

【行程】
1日目:すずらんの里駅ーお花茶屋ー入笠湿原ーマナスル山荘[歩行時間:4時間]
2日目:マナスル山荘ー入笠山山頂ー山荘周辺で雪遊びーお花茶屋ーすずらんの里駅[歩行時間:5時間]
*天候等によりコースを変更することがあります

【宿泊】マナスル山荘 1泊2食付 9,500円(暖房費込み)
   (プラス2,000円すると、マイカップ持参でアルコールの飲み放題ができます)

【山岳保険】雪山対応の保険に各自加入必須(未加入者はご相談ください)

【ガイド料】20,000円
*宿泊費、昼食代、交通費は各自ご負担

【服装・装備】
・アイゼン(10本爪以上)(持っていない方は6本爪以上のアイゼン)
・厳冬期用登山靴(持っていない方は、3シーズン以上のゴアテックスの登山靴)
・バックパック(すべての装備が入る容量)
・トレッキングポール2本(スノーバスケット付を推奨)
・アンダーウエア(必ず登山用のアンダーウエア上下を着用。メリノウールや化繊がおすすめ)
・ミッドウエア(フリースやダウンなど)
・雪山登山用のアウター上下(もしくはゴアテックスなどの登山用の雨具上下 *雨具は保温性がないので注意)
・防寒着(ダウンやフリースなど)
・防寒小物(耳が隠れるニット帽、ネックウォーマーやバラクラバなど)
・手袋(手袋は重ねて着用。サイズが小さいと血流が悪くなるので注意)
    インナー:インナー手袋2組以上
    ミッド:厚手のウール手袋
    アウター:防水素材のオーバー手袋
・スパッツ(ゲーター、雪の侵入を防ぎます)
・行動食
・飲料水
・保温水筒(温かい飲み物を入れて)
・ヘッドランプ
・サングラスもしくはゴーグル(雪目予防に)
・カイロ
・着替え(若干数)、洗面具

【あると良いもの】
・ヒップソリ

*集合解散場所に不要な荷物を置いていくことができます
*寒い日はマイナス10度まで下がることもありますので、防寒対策はしっかりと
*着脱によって体温調整できるようにウエアリングの工夫を
*装備について不明な点はお気軽におたずねください
 とくに、新規に装備を購入される方、TRACEの雪山に初めてご参加の方はご相談ください
*装備のレンタルは若干数ありますので、お問い合わせください

【申し込み方法】
申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】
TRACE info@traceweb.jp


Copyright © 2018 TRACE All Rights Reserved.