谷川岳・西黒尾根 2019.6.18 レポート

2019年6月18日(火)
岩稜実践「西黒尾根から登る谷川岳」


朝4時
土合口を出発
ロングルートを1日で歩くため
山麓に前泊しました




西黒尾根は日本三大急登のひとつ
タフな登りが
ここから始まります




登り始めて約20分
鉄塔がある眺望ポイントで日の出




夏至は4日後
昼の長さを味方につけたチャレンジです




昨日まで悪天、明日からも悪天
今日がアタック日で本当にラッキーです




この時期の谷川岳は
残雪とお花が楽しめます




標高が上がるにつれ
美しいお花がお出迎え




イワカガミ




ウスユキソウ




他にもたくさんの高山植物が
岩との格闘する私たちを
足元で励ましてくれています




そう、西黒尾根は
岩場鎖場が連続するルートなのです




でも、今回は岩場の練習を積んでいるメンバーばかり
落ち着いて登っていけば
問題ありません





アルプス並の絶景もこのコースの魅力
景色、花、岩と
飽きることがありません




あんなに遠かったザンゲ岩が
もう目の前
ここまでくれば
あともう少し




肩の小屋直下には
やはり残雪がありました
空気もいきなりひんやり




肩の小屋に荷物をデポし
谷川岳山頂へは手ぶらでアタック




今日登ってきた西黒尾根の全貌が見えました
一歩一歩を積み重ねて
今ここに立っているのだと思うと
あらためて感動してしまう


今回参加してメンバーのほとんどが
この夏、槍ヶ岳や穂高の岩稜登山を予定しています
三大急登を登りきっただけでなく
疲れずに登れたことが
大きな自信につながりました

本番まであと数カ月
体のケアをしながら
実践力をつけていきましょう!



Copyright ©  TRACE All Rights Reserved.