西鎌尾根から登る「槍ヶ岳」

北アルプス「槍ヶ岳」
双六岳を越えて西鎌尾根から槍へ



北アルプスのハイライトを歩き、槍ヶ岳を目指しましょう!
山では紅葉が始まり、とても美しい季節を迎えます。
体力づくりや岩場の通過など、
事前トレーニングをしっかり行ったうえでのぞんでください。
また、出発直前は十分な睡眠と栄養・エネルギー摂取を心がけておいてください。
天候や体調により、予定を変更することがあります。

【日程】2017年9月16日(土)-19(火)
【場所】北アルプス・槍ヶ岳
【集合】 9/16(土)14:30 新穂高ロープウェイ建物1階
【解散】 9/19(火)15:30 上高地バスターミナル
レベル】体力★★★ 技術★★★★
【定員】6名
【ガイド料】45,000円
【山岳保険】岩場対応の山岳保険に各自加入必須(未加入者はご相談ください)

【アクセス例】
<行き>8:15バスタ新宿ー12:55平湯温泉(路線バス乗り換え)13:40平湯温泉ー14:16新穂高ロープウェイ
<帰り>16:15上高地発ー20:57バスタ新宿(渋谷行きもあり) 
上記のほかに「特急あずさ」を利用する方法もあります

【行程】
<1日目>初日は交通機関での移動がメイン
新穂高温泉ーわさび平小屋(泊/お風呂あり)[歩行:1時間20分]
*歩行は少なめ。高度順応をして翌日からの登山に備えます
*石鹸やシャンプーが使えるお風呂あり

<2日目>双六岳を目指して、高度を上げます
わさび平小屋ー鏡平(池に映る槍穂がきれい)ー弓折岳ー双六小屋(荷物をデポ)ー双六岳往復ー双六小屋(泊)[歩行:8〜9時間]
*双六小屋まで登ったら、荷物をデポして身軽な状態で双六岳を往復します

<3日目>ついに、槍ヶ岳へ登頂
双六小屋ー樅沢岳ー左俣岳ー千丈沢乗越ー槍ヶ岳山荘(荷物をデポ)ー槍ヶ岳往復ー槍ヶ岳山荘(泊)[歩行:6時間30分]
*槍ヶ岳山荘についたら荷物をデポして、槍ヶ岳にアタック!
*悪天で登頂できない場合は、翌日の早朝に再トライ

<4日目>北アルプスのメイン街道を槍沢を通り上高地へ下山
槍ヶ岳山荘ー天狗原分岐ー槍沢ー横尾ー徳沢ー上高地バスターミナル[歩行:7〜9時間]
*天候が良く、体力と時間に余裕があれば氷河公園の往復も考慮します
*下山後は時間があれば、小梨平で入浴ができます

【宿泊先】
1日目:わさび平小屋(TEL0577-34-6268) 1泊2食 8,500円
2日目:双六小屋(TEL0577-34-6268) 1泊2食 9,500円
3日目:槍ヶ岳山荘(TEL090-2641-1911) 1泊2食 9,800円
*いずれも1泊2食の金額を表示していますが、朝食前に出発する場合もあります
 
【持参するもの】
・ザック30L程度(山小屋3泊4日の荷物がすべて入る大きさ)
・登山靴(ゴアテックスのアプローチシューズがおすすめ)
・雨具上下(ゴアテックスなどの登山用)
・防寒具(コンパクトになるダウンなど)
・防寒小物(手袋、ネックゲイターなど))
・トレッキングポール
・ハーネス
・ヘルメット
・安全環付きカラビナ 2枚
・スリング120cm 2本
・手のひらが皮のグローブ
・昼食/行動食(おにぎりやパンなど、小屋でお弁当の注文や食料の購入可)
・飲料水(初日は500mlでOK)
・保温ボトル
・ヘッドランプ(予備電池も)
・サングラス
・帽子
・日焼け止め
・虫除け
・洗面用具
・着替え若干数
・大きめのジップロック/ゴミ袋
・入浴セット(下山後日帰り入浴施設に立ち寄り予定)

*装備に不備がある場合は登山できません
*必要なものを必要な量だけ詰め替えてお持ちください
*着替えはできるだけ少なめにして荷物を軽減しましょう
*山小屋で飲料水の補充と行動食の購入が可能です
*縦走なのですべての荷物を持って歩きます


【申し込み方法】申し込みフォームをメールでお送りください


【お問い合わせ】 TRACE info@traceweb.jp


Copyright © 2017 TRACE All Rights Reserved.