沢登り「湯沢噴泉塔を探検」2017.5.28 レポート

はじめての体験は
それが何であってもワクワクドキドキするものです
はじめて山登りをしたときもそうでした
低山から高山へ
ハイキングから岩登りへ
新しい山の楽しみ方に出会うたびに
胸躍らせてきたものです


そして、今日
また新たな世界の扉を開けてしまいました




ジャーン!
沢登りです




奥鬼怒にある「湯沢」という沢を登って
天然記念物の噴泉塔を見に行くのが今日の目的




整備された道もあるのですが
私達は「地図読み探検」しながら向かうことにします




いでたちは、すでに沢登りスタイル
靴のソールがフェルト素材なので
歩くとフワフワします




さて
このへんから沢に下りていきますか




一般登山道ではないので
草や枝をかき分けながら進んでいきます




なんとか沢に出ました
地図で進行方向を確認




そして徒渉
濡れるのが前提の装備なのですが
なぜか最初の一歩は勇気が…




結局、一度濡れてしまえばなんてことはない
ジャブジャブジャブ
濡れても足が冷えないネオプレーンソックスが威力発揮中




沢の中を歩いたり
河原を歩いたり
草付の急斜面を高まきしたりしながら
沢をつめていき




硫黄のにおい、沢が温かい〜
と思ったら
広河原の湯に出ていました





ここは野天湯
源泉は熱いですが
沢の水と混じると適温




休憩を兼ねて温まることに




できれば、ずっと温まっていたかったのですが
目的地まであともう少し頑張ることにします




流れが急な場所もあるので注意
整備された遊歩道であっても
徒渉箇所は何箇所も出てきます
道も悪いので、気軽に来られる場所ではありません




対岸に咲いていたしゃくなげ
アドレナリンが出ている一行を
なごませてくれました




アドベンチャーな時間は続きます
お次はここ
入門者には激流に見えます




最終的には腰のあたりまでつかりながら
沢と格闘すること2時間




温泉が湧き出ている
ポイントまできました




ここに卵をつけておくと温泉卵ができるそうなので
さっそくセットしてみます(黒メッシュの中がたまご)




そこから歩いて約10分




本日の目的地
湯沢噴泉塔に到着




圧巻です




ゴウゴウと流れる滝の脇から
温泉が出ています





そしてこれが噴泉塔
温泉成分によってできた自然の造形物





一人サイズの温泉もありますが
時間が迫っているので、早々に下山開始





温泉卵ポイントに戻ってくると…
できてました!
ワンパクした後なので、おいしさ格別




はじめての沢登りは
地図読み探検も加わったせいか刺激的な体験が満載でした
心地いい疲労を感じつつ
心はもう次回の沢登りへ




Copyright © 2017 TRACE All Rights Reserved.