尾白川渓谷ゆるテント泊 2016.11.19-20 レポート

木々が色づき始めると
無性に「焚き火テント」が恋しくなります

夏山・冬山のテント泊には
縦走やチャレンジといったイメージがあるけれど
秋は「ゆるテント泊」という気分

そんな思いもあって、一昨年から秋のテント泊はTRACEの恒例
そして、今年選んだ場所は…



尾白川渓谷
ここで1泊2日のテント生活、始まり始まり〜




11月下旬ともなれば日没はあっという間
食材を切って、薪に火をおこしていたら
あっという間に暗くなってしまいました




1日目の目的は、テント泊を楽しむこと
さあ、ここからゆる〜く
秋の夜長を楽しみましょう




パチパチパチ
今年もこの音が聞けました




焚き火缶でコトコト煮込んだのは
現地の食材をふんだんに入れた具だくさんポトフ



 
料理上手たちが
次々とキャンプ食をふるまってくれます
このあと、フライパンがボワァッ!
フランベでした




午前中の雨がうそのように
夜空は満天の星であふれ
この季節にしては
あたたかな夜が更けていったのです







翌朝はピッカピカの快晴
紅葉もいっそう深まったみたい




さあ朝ごはん、朝ごはん
食べたら、山へ繰り出しますよ




2日目の本日は
キャンプ地の尾白川渓谷から日向山に登ります




金色に染まるトレイル
そこかしこに秋がいっぱい




登りは錦滝を経由するコースをとります



 
テント泊はゆるくても
登山はゆるくなかった
雁ヶ原の登り
はしゃいで登ってちょっぴり後悔




弾んだ息を整えながら
頂上へ




ハ〜 着いた〜
甲斐駒ケ岳がよく見えるね




もちろん、富士山も




いつ来ても美しい白砂の日向山稜線
広いとこに行ってランチを食べることにしましょう




キャンプ場でつくってきたお弁当を楽しんだら
下山です
このあと、テントをたたんで、温泉、お土産…
ゆるテント泊はまだまだ続く




Copyright © 2016 TRACE All Rights Reserved.