残雪の燕岳 2016.5.7-8 レポート

DAY1 5/7(土)
今年のGWは天候不順の日が多く
登頂初日となる今日も
強風予報が出ていました


風が強まる時間帯を避けるため
予定よりやや遅れて
登山口の中房温泉を出発




ゴールの燕山荘まで
北アルプス三大急登の1つ
「合戦尾根」を登っていきます




じわじわ登ること45分
最初の休憩地です




合戦尾根には計4つの休憩場所があります
最初はここ、第一ベンチ




急に風が強くなりました
身体が冷えないうちに
歩き始めることにします




第二ベンチに着くと
またまた強風




第三ベンチでスパッツを装着
解けた雪で道がぬかるんできたのです




そこから先はほぼ雪道
それでも例年よりずっと少ないようです




富士見ベンチで
やっとアイゼンを装着します



 
だいぶ登ってきたでしょう




だってほら
稜線がもう目線だもの




合戦小屋までくれば
残り1〜2時間




陽射しはポカポカと暖か
されど風は強し




見通しのいい尾根歩き
燕山荘が見えてくれば
俄然、力がわいてきます




30分後
誰一人、風にとばされることなく
無事燕山荘に到着しました!




小屋の中でぬくぬくと
ケーキセットをいただいていると




あっという間にサンセットタイム
明日は、きっと快晴だね




DAY2 5/8(日)

4:15AM
お天気がよかったら燕岳で朝日を見よう!
と昨夜みんなで約束していました




約束通り
山頂へ向かうことにします




風はすっかりやみ
暖かく穏やかな夜明けです




ご来光のとき




槍ヶ岳もピンク色




全員でピークへ




朝の山は
ひときわ神聖




下りてしまうのがもったいないけど
朝ご飯を食べに
小屋へ戻りましょう




朝食後は、即下山の予定でしたが
あまりにも素晴らしい天気なので
蛙岩方面に足を延ばすことにしました




八ヶ岳、富士山、南アルプスから
槍穂高、裏銀差、立山、剱岳まで360度の大パノラマ




見飽きることのない絶景の中を
ゆうゆうと行く




さあ、下山のタイムリミット
燕山荘を後にします




下山はいつも同じ
寂しさと安堵感が入り交じった
複雑な気分




そして、長い長い合戦尾根を下りきり
中房温泉にゴール
身体は疲れていても、心は元気
おつかれさまでした!

TRACEの雪山は、このツアーをもって終了となります。
次回は12月。
アイゼン、ピッケルをメンテナンスして
新雪の季節を待つことにします。



Copyright © 2016 TRACE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください