TRACEワークショップ「すべら〜ず」2015.11.28 レポート

「すべら〜ず」は、下りが苦手な登山者のために
姿勢や重心、足の置き方を学ぶ講座です

 
まずは、いつものように下りの斜面を歩いていただきます




その様子を動画撮影




あとで全員でチェックします
自分の歩きを見ることで
思っていたこととやっていることのズレを認識




すべる姿勢・すべらない姿勢の決定的な違いは何なのか
武田ガイドが実演しながら解説します




それらを踏まえて
「滑らない」ドリルを行います



 
前後・左右の重心移動を繰り返しながら
足裏でしっかり摩擦をつくる練習



 
すべらない方法が
わかってきたところで
いよいよ山へ



 
枯れ葉で滑りやすい急な下りは
練習にぴったり



 
コツを理解しているのといないとのでは
歩き方がぜんぜん違います
あとは、この意識を持って、下りを反復練習すること


「すべらない」歩きで学んだ姿勢は、
「痛めない歩き」「バテない歩き」の基本でもあります
ここをしっかり身につけてしまえば、歩行スキルはぐっと上がります
以降のワークショップでも引き続き、学んでいきましょう




Copyright © 2015 TRACE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください