九州くじゅう連山と高千穂の山 2015.11.21-11.23 レポート

11月の連休は百名山と神話の旅
熊本・大分・宮崎と九州3県を縦断した3日間をレポートします


【DAY1・11/21】

熊本空港から「やまなみハイウェイ」で大分へ
くじゅうに入る前に
阿蘇の展望台にちょっと立ち寄ります




阿蘇五岳の雄大な景色に
早くも圧倒され




くじゅう連山の堂々たる姿に
期待が高まります




その1時間後
くじゅう連山の登山口に到着




タデ原湿原の先にそびる「三俣山」
あの麓にある「法華院温泉」が本日のゴールです




約2時間の軽トレッキング
温泉目指して頑張りまーす




広大な盆地「坊ガつる湿原」までやってくれば




法華院温泉はすぐそこ




午後3時半、到着
九州最高所の温泉「法華院温泉山荘」です




良質の温泉を心ゆくまで楽しみ
おいしい夕食もたっぷりいただき
初日の夜は大満足で過ぎていきました




【DAY2・11/22】

朝6時、登頂開始
午後から天候が崩れる予報なので
日の出前の出発となりました




関東と比べて日の出が遅い九州
6時半になって
ようやく空がしらみ始めました




7時になると
見事なまでの朝焼け




と思ったら
雲の中に隠れてしまいました
お天気、なんとかもってくれるといいんだけど



  
最初のピークは「白口岳」
薄曇りだけど眺望は抜群です




一度下って縦走路へ
ミヤマキリシマの枯れ木がいっぱい
満開の季節はさぞ見事なことでしょう




一瞬、雨粒がボツリときたものの
風も弱く、11月とは思えない暖かさ




であれば、登ちゃいましょう!
九州本土の最高峰「中岳」に




登っちゃいました



 
山頂からは火山群の姿が一望
真ん中の緑色の池は火口湖の「御池」です




さらに
主峰の「久住山」へ縦走します




ゴロゴロの岩場の先に
その山頂はありました




雲海を見下ろす大パノラマを
しばし楽しみます



 
山頂から下って
これまた大スケールの北千里浜




九州に来てから
山の広大さに圧倒されっぱなし
異星に降りたような非日常感も加わって
とてつもなく遠くを旅している気分です




このスケール感にはこのポーズ




硫黄岳の噴煙近くを通過して
起点の長者原に下山します




山から下りたら、神話の町「高千穂」へ移動
太陽神「天照大神」を祀る天岩戸神社を参拝し




日没ギリギリで
高千穂峡にも滑り込み




夕食後は
高千穂神社の神事「夜神楽」も観賞

こうして盛り沢山すぎた2日目も
無事幕を閉じたのでした




【DAY3・11/23】
最終日
高千穂の百名山「祖母山」に登ってから帰ります


天照大神様のおかげでしょうか
心配された天気も、奇跡的にもっています



 
祖母山は
神武天皇の祖母「豊玉姫」が祀られている山です




北谷登山口から
健脚向けの「風穴コース」をとります




急流を越えたり



 
急斜面を登ったり




非常にアドベンチャーなトレイルです
豊玉姫は山幸彦の奥さんだったから
かなり健脚だったのかも



 
などと
神話の世界と現実をいったり来たりしながら
頂上を目指します




祖母山の山頂に着きました
この旅最後のピークです



 
国観峠まで下ってくると
祖母山の全容がよく見えました
名残惜しいけど、山はここで見納め




復路の千間平コースは非常に歩きやすく
さくさくと下山
3日間の無事に感謝し、この旅を締めくくります



 
私たちが九州を去った3日後
阿蘇・くじゅう連山に初冠雪がありました
秋色だったこの景色もわずか1日で雪化粧
ついに南の大地にも冬がやってきました




Copyright © 2015 TRACE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください