長く歩く「浅間嶺から温泉へ」2015.3.22 レポート

2015年3月22日(日)
奥多摩に「春」を探しにやってきました



起点は「払沢の滝」
ここからロングトレッキングが始まります



払沢の滝に続く道は
檜のチップが敷きつめられたセラピーロード




清流沿いの道なので気持ちいい




すっかり
水ぬるむ季節になりました




日本の滝百選にもなっている名瀑「払沢の滝」です




深い滝壺には大蛇が棲んでいた
という伝説があるとか




帰り際、手作りの木工細工の「ゆうびん館」にもお立ち寄り
すっかり観光気分です




よく晴れました
馬頭刈尾根がよく見えます




里から山へ入る林道沿いで
春を告げる福寿草に出会いました




こちらはアズマイチゲでしょうか




もちろん梅も




すぐ近くで「ホーホケキョ」の声
奥多摩は春爛漫です




武蔵と甲斐をつないだいにしえの道
今日はここを登っていきます




苔むした
趣のある道です




日曜日だというのに、だあれもいない
静かで平和な山道




森のあちこちに春を探しながら歩く
至福の時間




ついでにユニークな樹も発見




すっかり春に見とれてしまった
先を急がねば




登ること1時間半
落葉樹の道に出ると山頂はまもなくです




浅間嶺の頂上に着きました
パノラマが広がる開放的な山頂です




少し風が出ていますが、
遠くの山並を見渡せる素晴らしい眺望の山




山頂でしっかり休憩をとったので
再び浅間尾根を歩きます




数馬に下山する道には
ふきのとう




そして本日のゴール「数馬の湯」
歩行距離15km、7時間ロングトレキングでした
つるつるの温泉で1日の疲れを癒やして帰りましょう






Copyright © 2015 TRACE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください