白い砂と奇岩の羅漢寺山〜昇仙峡 2014.9.13 レポート


シルバーウィークの初日
葡萄の産地「甲府」にやってきました




夏から秋に旬を迎える葡萄
農園に立ち寄り、自然の恵みをしばし堪能




お気に入りの房をゲットして、いざ山へ
本日登るのは「羅漢寺山」です



 
山頂までロープウェイが通っているおかげで
山道はじつに静か
ほぼ貸切状態です




山に一歩入れば、そこは「秋」でした
ススキをはじめ




個性豊かなキノコなど
小さな秋が迎えてくれました




最初のビューポイント「刀の抜き岩」
空に向かってぐんと突き出た気持ちのいい展望地





そこから30分ほどで白山展望台
花崗岩の砂地と大展望が広がる美しい場所




登山口でゲットした葡萄でノドを潤すと
ほてった体にしみ入りました




さらに森を進むこと30分




羅漢寺山の山頂に到着
観光客で賑わうパノラマ台をスルーして
眺望が広がる弥三郎岳へ足を延ばします




 
寝そべるのにちょうどいい大きな岩場
こうしていると
体もソーラーパワーでフル充電できてしまいそう





ゴールは昇仙峡
スタートの葡萄園で時間を費やしてしまったせいか
昇仙峡の散策は駆け足になってしまいましたが
ここは、またあらためて
静かな平日に再訪しましょう




Copyright (C) 2014 TRACE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください