屋久島宮之浦岳縦走 2013.11.3-6 レポート

DAY1・11/3(日)

前半の山ヨガツアーがこの日の午前で終わり、
午後からは縦走ツアーがスタート
翌朝の出発に備え、キャンプの食材の買い出し&準備



DAY2・11/4(月)

夜明け前、淀川口から歩き始め、6時に淀川小屋に到着
朝食を食べ終えた頃には、すっかり明るくなっていた




晴れときどき、曇り、ときどき霧雨
めまぐるしく変化する天気のなか、宮之浦岳を目指す




最初のピークは黒味岳
さっきまで晴れていたのに、山頂に来ると、まっしろ



 
でも、少しずつ雲の切れ間も見えてきた
回復するかな



確実に宮之浦岳は近づいている
さあ、ガンバレ



誰が乗せたのか
と思うような岩の芸術があちこちに



花崗岩の奇岩がごろごろ




宮之浦岳の手前の栗生岳



 
この奥にある山の神様へおまいりを




いよいよ、宮之浦岳へ向けて最後の登り




着きました



 
景色はサイコー
でも風が強すぎるぞ
今日のゴール、新高塚小屋へ急ごう



DAY3・11/5(火)

新高塚小屋でテント泊をし(設営に必死で写真なし すみません)、
翌朝早々から歩きはじめると、朝食中のヤクシカに遭遇




ここから、さらに森の奥へとすすむ




屋久島の山の深部は
圧巻の巨木の森が続く



 
やがて、あらわれた縄文杉
人の手に守られているこの森の長老



]
縄文杉を過ぎてからも
名もなき杉のすばらしさに圧倒されっぱなし



 
完全に昇った太陽が
巨木を神々しく照らす
何千年も前からこの地に息づいている命




ハートのウィルソン株
中には清い泉がわいていた



 
そして、トロッコ道まで下りてきた
あとは、荒川口まで下るだけ




さわやかな風が抜ける気持ちのいい道
いつまでも歩いていたい




DAY4・11/6(水)

安房の宿から徒歩1分のところにある海岸
今日もいい天気になりそう



最終日に向かったのはモッチョム岳の中腹にある万代杉
半日あれば行けるコース




1時間ちょっとで万代杉に到着




威風堂々たる姿
あたたかくてやさしいパワー
頑張って登ってきた甲斐があった



 
名残惜しいけれど、今回はここで終了
再訪を約束して
屋久島の森にさようなら


山ヨガリラックス編のレポートはこちら


Copyright (C) 2013 TRACE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真等の無断複写・転載はご遠慮ください