紅葉テント泊「焚き火&岩登りin 小川山」

紅葉テント泊「焚き火&岩登りin 小川山」



日本のヨセミテと言われる小川山は、奇岩、岩峰に囲まれたエリア。
1日目は、岩登り体験と薪拾いと焚き火テント泊。
2日目は、廻り目平周辺のトレッキング。
岩登りもトレッキングも焚き火も全部楽しみたい方におすすめです。
キャンプ地まで車が入れますので、テント装備を担いで歩くことはありません。
水洗トイレのある綺麗なテント場なので、テント泊がはじめての方も安心です。
お気軽にご参加ください。
焚き火を囲みながら秋の夜長を楽しみましょう!

2017年の紅葉テント泊のレポートはこちら

【日程】2018年11月3日(土)-4日(日)
【場所】小川山周辺(長野県)
【集合】8:45 韮崎駅
【解散】16:30頃 韮崎駅
【レベル】体力★〜 技術★〜

【行程】
1日目:韮崎駅ー(車両移動)ー買い出しー廻り目平キャンプ場ーテント設営ー岩登り体験&薪拾いー焚き火キャンプ[歩行時間 1時間]
2日目:朝食後ーテント撤収ー廻り目平周辺トレッキングー(車両移動)ー韮崎駅[歩行時間 4時間]
*2日目の下山後、温浴施設立ち寄り予定

【宿泊】廻り目平キャンプ場(幕営料:一人700円)
    
【ガイド料】25,000円
*集合駅から登山口まで車両移動(現地交通費人数割)
*食費、テント幕営料は各自負担

【山岳保険】山岳保険の加入必須。未加入者はご相談ください。

【持参するもの】
・テント(※TRACEレンタルあり)
・個人用マット(※TRACEレンタルあり、若干数)
・シュラフ(3シーズン用 ※TRACEレンタルあり、若干数)
・シュラフカバー(ない方はツエルトなどをお貸しします)
・箸、カップ、食器
・軍手(薪拾いや火を扱うときに使用。持っている方のみでOK)
・雨具上下(ゴアテックスなどの登山用)
・アプローチシューズ/トレッキングシューズ
・バックパック(両手が空くザック、脱いだ防寒着が入る大きさのもの)
・ザックカバー
・飲料水(現地調達可)
・保温水筒(温かい飲み物を入れて)
・昼食/行動食(現地購入可)
・ヘッドランプ(テント生活で必ず使用します)
・帽子(日除け用と防寒用)
・防寒具(ダウンやフリース、ネックウォーマー、手袋、ニット帽など)
・トレッキングポール
・入浴セットと着替え
・キャンプ用折りたたみ椅子(100円ショップで売っているコンパクトなものでOK)
・カイロ
<岩登り装備>
・ハーネス(※TRACEレンタルあり Sサイズ/ウエスト85cm以下のみ)
・ヘルメット(※TRACEレンタルあり)
・手のひらが皮のグローブ(お持ちでない方はお問い合わせください)
・クライミングシューズ(持っている方)*レンタルも数足用意していきます
・チョーク(持っている方)
・ビレー器(持っている方)
・薄手のソックス
*朝晩は0度近くまで冷え込みますので、防寒対策を万全にお願いします
*焚き火の際、火の粉が飛ぶと衣服に穴が開きますので、着古しの雨具などを羽織ると便利
*テントは背負って歩きませんので、日帰り用のザックでOK
*各装備のレンタル対応します(500〜1000円)
 数に限りがありますので、希望者は事前にご予約ください

【申し込み方法】申し込みフォームをメールでお送りください

【お問い合わせ】 TRACE info@traceweb.jp


Copyright © 2018 TRACE All Rights Reserved.